ひめ&じぃBLOG 姫路観光ブログ

2007年11月26日

11/26 冬の動物園へ行こう!


みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃるじゃろか?
かめじいでございまする。

朝晩が、とても寒くなってきたでござるなぁ。北風がぴゅ〜ぴゅ〜ふいているので、たき火でもして 暖まりたいでござるな。

しかし、ここの所、ちまたでは、”風邪”がはやっているらしく、お隣の山におられる ウサギ山殿も風邪をひいた〜という噂をお聞きしてござるし。やはり、「うがい」と「手洗い」は、きちんとしなければならんのぉ〜。

ところで、姫路城下に動物園があるのじゃが、皆様ご存知でいらっしゃるじゃろうか?
昭和26年開園の少しばかりレトロチックな園なのじゃが、とっても楽しめる場所で、いつも親子連れやカップルで賑わっておるのじゃ。
トラさん・かばさん・ぞうさん・ぺんぎんさん・きりんさん・それ以外の愉快な動物達もたくさんじゃ。

姫路動物園では、1年を締めくくる楽しいイベントが来月開催されるのじゃ。

12月14日(金) 午前10時から 干支の引継ぎ式 

12月22日(土) 午前10時から ぞうの姫子にかぼちゃ進呈

おもしろそうなイベントじゃ。寒い冬を元気に過ごす動物達に会いに行こう!

ところで、姫様は、いずこへ行かれたのかのぉ〜?もうすぐ、お茶の先生がいらっしゃると云うに・・・。

ひめ:「じぃ〜。じぃは、いずこじゃー?」

じい:「姫様。どちらへお出かけだったのですかのぉ。お探し申し上げておったのじゃが。」

ひめ:「今、紅葉を見に行ってきたのじゃ。美しかった〜。」

じい:「さようでござったか。言って下されば、お供いたしましたのに・・・。」

ひめ:「それがいやじゃったから、一人で行ったのじゃ。」

じい:「はぁ〜?今なんと?」

ひめ:「いや〜。え〜と、そうじゃ、じいに”かりんとう”を買ってきたのじゃ。お土産じゃ。一緒にたべよ。」

じい:「姫様は、なんとおやさしい。じいは、幸せ者にございまする〜。しかし、姫様。外出先からお戻りになられた後は、”手洗い”と”うがい”をお願いいたしまする」

ひめ:「え〜。そんなの関係ない〜。」

じい:「ひ〜め〜さ〜ま〜!」

2007年11月22日

11/22 今日はいい夫婦の日じゃ!


うう〜〜・・・寒いのぉ。最近、朝なかなか布団から出れずカメじぃに引きずり起こされるのじゃ・・・つらいのぉ。

寒さは日に日に増しておるのじゃが、今日は”いい夫婦の日”にピッタリのホッコリ温かくなるような話題をお伝えするぞよ!

皆の衆は、岡山県倉敷市の観光地「美観地区」はよくご存知じゃのぉ。そこを流れる倉敷川に観光客のアイドルとして親しまれている2羽の白鳥がおったのは知っておるか?

倉敷市では1969年から白鳥を飼育しておったそうなのじゃが、昨年の3月に雄のユウちゃんと10年間連れ添った雌のアイちゃんが死んでしまい、ユウちゃんも故郷の香川県丸亀市に里帰りしたため、新たなつがいを探していたそうな。

そこで!姫路城を望む、小さな昭和レトロな動物園「姫路市立動物園」で一緒に仲良く暮らしていたコブハクチョウの夫婦が新たな美観地区のアイドルとしてお引越しをすることになたのじゃ!

ともに今年の春に生まれ、まだ新婚ホヤホヤ。まだ白い羽は生えそろぉていないのじゃが、来秋には真っ白になるそうじゃ。

昨日、ゾウの姫子やたくさんの動物達におくられて倉敷市へと引っ越していったのじゃ。さみしかったのぉ・・・。
じゃが、美観地区では地元の保育園児や市の職員の方々、また観光客の皆さんに大歓迎され、早速倉敷川に放たれた2羽は川面を仲良く優雅に泳いだり、羽を大きく広げてパタパタさせるなどリラックスした様子。もうすっかり新天地が気に入ったようじゃった!

新たな「美観地区」のアイドルとして、地元や観光客の皆さまにかわいがっていただけるよう、ここ姫路の地から祈っておる・・・。
わらわもまたじぃと一緒に会いにゆくぞよ〜!

倉敷市ではこの新婚ホヤホヤ”白鳥”夫婦の名前を募集するそうな。
わらわもかわいい名を考えて応募してみようかのぉ!

お問合せは、倉敷市観光振興課(086−426−3421)へ。

2007年11月20日

11/20姫路市本町68番地


こんにちは。カメじぃにござりまする。朝晩めっきりさぶーなってまいりましたなぁ。今日姫様から、コタツ布団を頂きましてのぅ、おしゃれなブラックじゃ。ありがたいことよのぅぅぅ・・(感涙)

ひめ:「じぃ、じぃが送ったうさぎ山殿への手紙が戻ってきておるぞ。番地が違うぞ、番地が。」

じぃ:「OH! 年のせいにござりまするかなぁ・・・しっかりせねば。
ところで姫、日本で一番広いひとつの番地は何処かご存知でござりまするか?」

ひめ:「ううーむ。何処じゃ?」

じぃ:「皇居にございまする。で、二番目に広いのは、なんと姫路市本町68番地にござりまする。」

ひめ:「そういえば、姫路市立美術館も、市立動物園も、県立博物館も、好古園も・・・皆68番地よのぉ。おおっ、姫路観光なびポートも68番地じゃ。しかし何ゆえ、こんなに68番地は、広いのじゃ?」

じぃ:「明治に陸軍の広大な軍用地ができて、その広大な土地に68番地が当てられたのでございまする。戦前は兵舎や倉庫が立ち並んでおったのでござりまするが、今は面影はほとんどございません。現存するのは赤れんがの倉庫だった市立美術館と陸軍第10師団司令官の官邸だったカトリック淳心会本部くらいでございまする。今、68番地には、約400世帯が住み、千数百人が、同じ住所となっておりまする。」

ひめ:「ええーっ、それで、恋文は無事届くのか?」

じぃ:「何何何? 姫様、本町68番地のお方に恋文を書かれるおつもりでございまするかぁぁ?(あやしい・・・)」

ひめ:「た、た、たどえばじゃ。」

じぃ:「確かに、郵便配達や宅配便の方々は大変なのでごさいまする。日本郵便姫路支店では、ベテラン3人が交代で配達、1千人は名字と名前を覚えておられるそうにございまする。学校や病院で働く人たちへの郵便物の宛名に建物名がないときなど、探すのにとても手間がかかるのでございまする。68番地では、特別ファイルを制作しているそうにございまする。」

ひめ:「おおおっ プロフェッショナルうううう。」

じぃ:「姫、もうすぐ、その千数百人の年賀状の仕分けという大変な季節が、参ろうとしておるのでごさいまする。」

ひめ:「おおおっ 尊敬じゃぁぁぁぁぁ・・・」

姫路市立美術館、JR姫路駅徒歩約25分。神姫バスのループバス〈12〜2月は、土日祝のみ運行)で、約5分。美術館前下車。
カトリック淳心会本部、美術館の南約250メートル。非公開。

2007年11月19日

11/19 播磨うまいもん祭 へ出かけよう!


みなさま、いかがお過ごしじゃろか?
かめじいでございまする。
お忙しい中、ブログを見ていただいてありがとうございまする〜。

今日は、と〜て〜も〜寒いでござるなぁ。朝起きるときに、あまりに寒くて起きたくなっかたのじゃが、昨夜にしかけておいた じいの目覚まし時計(愛称 リンリン丸)がけたたましい音でなってのぉ〜。仕方のぉ起きたのじゃが・・・。今もその時の寒さとあんまり変わってないぐらいの寒さに感じる・・。
こんなに寒いと”おこた”がなくては、過ごせないのぉ〜。”おこた”に入って、心も体も温まるおいし〜いものが食べたいでござるなぁ。

そういえば、今週の11月23日〜25日の間、大手前公園西側(グリーンゾーン)で「播磨うまいもん祭り」が行われるのじゃ。
楽しいイベントがもりだくさんじゃ。和・洋菓子・地酒・穴子弁当・天ぷら・蒲鉾・新鮮活魚・もちむぎ麺・駅そば・地野菜。そして、今大注目の”姫路おでん”じゃ。姫路おでんに関連した商品もデビューするらしいのじゃ。
今から、楽しみじゃの〜。

ひめ:「じいー、じいー 何処におるのじゃー?」

じい:「姫様、どうなされましたか?」

ひめ:「これを見てたもれ〜。じゃーん。」

じい:「これは・・・。見た目は四角くて、黄色い。もしかして、玉子焼きでござるかなぁ〜?」

ひめ:「ピンポ〜ン。正解じゃ。その名も”姫路おでん玉子焼きじゃっ!!」

じい:「しかし、姫様。玉子焼きの間から、おでんの串が突き抜けておりまするが・・・これは、一体?」

ひめ:「良いところに気が付いた、じい!。細かい所は、気にするでない。これは、スペシャルな玉子焼きなのじゃ。わらわがじいの為に作ったのじゃ〜。食べてたもれ〜。」

じい:「・・・・・・。」

2007年11月17日

11/17 美術館休館のお知らせじゃ!


今日はなんとも気持ちの良い小春日和じゃのぉ〜。
でも、外に出るとと〜っても寒いのじゃ。
さきほどお庭の散策に出かけたのじゃが、鳥肌が立つぐらい寒かったぞよ・・・しらさぎ姫だけに・・・(余計寒い?)
しかし、三の丸広場周辺の桜の木などが赤や黄色に色づき始め、とても美しかったぞよ。

さて、姫路市立美術館なのじゃが、館内の改修工事のためしばらくお休みされるのじゃ。
期間は12月4日(火)から12月24日(月・祝)までにおじゃる。
また、12月25日(火)から1月5日(土)の期間は年末年始の休館となるのじゃ。
というわけで、改修した後の美術館に行けるのは明年1月6日(日)からとなるのでご注意じゃ。

落ち葉の舞い散る赤レンガの美術館はとってもステキ・・・
今月中にお時間のある方は是非姫路市立美術館へお立ち寄り下され。

あ〜、わらわも映画のワンシーンのように素敵な殿方と美術館やお城の周りを歩いてみたいものよのぉ〜。

じい:「姫!姫〜!お花の時間ですぞ。お花の先生のハリヤザキ殿は大変時間に厳しいお方にございますから、早ぉ準備をしてくだされ!」

しらさぎ姫:「・・・・・・」

じい:「こりゃいかん・・・また妄想の世界にいってしもうたようじゃ・・・」

2007年11月14日

11/14 なに?無料開放じゃと?!


いや〜 本当に寒くなってきたのぉ。
そろそろ十二単の下につける腹巻と貼るカイロを用意せねばならぬころじゃ。
あと、下にはくモモヒキ・・・オホンッ・・・いやいや、レギンスも忘れずに買っておくとしようかのぉ(苦笑)

さて、皆の衆は「関西文化の日」と申すものをご存知か?
「関西文化の日」とは、美術館・博物館等の文化施設の常設展示物を無料で開放し、より美術・芸術に親しんでもらうとともに、関西地方の魅力ある文化作りを楽しんでもらおうと毎年11月の第三土曜・日曜に実施されているそうな。
今年は11月17日(土)・18日(日)の二日間じゃ。

姫路でももちろん「関西文化の日」に常設展示を無料開放しておる施設があるので紹介いたそう!

☆兵庫県立歴史博物館
☆姫路市立美術館
☆姫路文学館
☆書写の里・美術工芸館

せっかくなのでこの機会に皆さまも、芸術・歴史・文学に触れてみてはいかがじゃ?

さぁ、わらわも芸術に触れてみようかのぅ。
こう見えてわらわは絵に自信があるのじゃ!

紙と筆を用意してっと・・・
♪フンフフンフフ〜・・フンフフフ〜・・・♪

しらさぎ姫:「でけたぞよぉ〜〜!!じい!見てたもれぇ!わらわの傑作じゃ!」

じい:「ほお〜。姫様!素晴らしい!姫様には絵の才能にもたけておるのでございますのぉ。これは立派な”熊”にございますな。」

しらさぎ姫:「猫じゃ・・・」

じい:「・・・ほ、ほぉ〜(汗)」

2007年11月13日

11/13 カメじぃのプチレッスン


カメじぃのプチレッスンの時間がやって参った。本日は、書写山もみじまつりを前に、書写山円教寺の常夜灯についてじゃ。

常夜灯とは、文字通り一晩中点しておく燈火台のことじゃ。街道沿いのものは道しるべとして、港にあるものは燈台として、集落の中心に設置されているものは信仰の対象ともされた。光源は蝋燭や菜種油が用いられた。
書写山円教寺では、今も数多くの年中行事が行われているがかつては毎月の十七日夜から十八日にかけて観音講が、また八月九日には夜を徹して四万六千会がいとなまれ、熱心な信者は参道に点された常夜灯を頼りに参詣したと伝えられておる。円教寺に残る古い絵図にも常夜灯が、描かれておるそうじゃ。
ところが、1868年明治政府成立、政府は奈良時代以来の神仏習合を否定して神道の国教化を、はかった。こうした国の政策の影響で、全国で「廃仏毀釈」と呼ばれる、寺院・仏像の破壊活動が起こった。
この「廃仏毀釈」のより円教寺の常夜灯も破壊されたしまったといわれておるのじゃ。

今月のはじめ、この常夜灯が、再建され除幕式があったのじゃ。
姫路に本社のある企業が創業100周年を記念して寄進したものじゃが六角形の御影石製で古い絵図をもとに往時の姿を再現した。明かりは当時と違い電気だそうじゃ。もともとは、山上駅よりも低い紫雲堂跡付近にあったが、ロープーウェーの利用者が多いため志納所のそばに建てられ、暗くなっても参拝客が多い土曜、日曜や大みそかなどの夕方、夜間に点灯する。

もみじまつりの期間は、円教寺では文化財特別公開もござる。
金剛堂(国指定重要文化財)及び天井画(天女像)
十妙院(県指定重要文化財)及び襖絵(狩野栄納筆)
開山堂(県指定重要文化財)内陣及び木彫性空上人像
本多家廟所(県指定重要文化財)

この機会に再建された常夜灯もご覧あれ。

書写山もみじまつり 11月16日(金〉〜18日〈日)

聖なる山、紅に染まる

2007年11月12日

11/12 ガーデニングに挑戦!


今日は北風がピープー吹いて、たいそう寒ぅございますのぉ。
しらさぎ姫が飼っている犬の金さんのお散歩に行かねばならぬのでございまするが・・・こんな日は頭も手足も引っ込めてじ〜っとしておきとぉございます・・・

さて、もうすぐ第17回ひめじ植木いちがはじまりますぞ。
11月18日(日)から11月25日(日)の一週間、家老屋敷跡公園にて午前9:30から午後4:30までにございまする。(24日は午後4:00までにございますのでお間違えなきように)
植木・草花・園芸資材などの展示即売や園芸相談、日によっては植木のせり市やせん定講習会など催されるのじゃ。

わしもこれを機にガーデニングなんぞに挑戦してみようかのぅ。
花は見ているだけで人の心を癒してくれますからのぉ・・・
あ〜、癒してくだされ!じいのこころをぉぉぉ・・・!!
こ、これは失礼、わしとしたことが・・・

皆さんの心を癒してくれるお花に出合うやもしれませぬぞ。
是非、皆さんもひめじ植木いちに遊びにいらしてくださいませ。

おっ、雨が降ってまいりました。
犬の金さんに、大のお気に入りの桜模様のカッパを着せて、散歩にまいるといたしましょう・・・

2007年11月10日

11/10あるオーストラリア婦人との会話

あるオーストラリア婦人との会話

オーストラリア婦人:(お城のお濠が巡るマップを指さしながら)
          いったい入口はどこなの?

なびY子:(マップで示しながら)
      こちらに大手門がございまして、このあたりに改札がご
      ざいます。

オーストラリア婦人: あら、随分と簡単なのね。
           お濠の周りを、くるくる くるくる周って、
           入口を探し歩くのかと思ったわ。

           笑 笑 笑

確かに侍さんたちの時代には、天守閣まで到達するのは、大変難しかったでしょう。しかし、現代は、姫路城を訪れられる皆さんご安心下さい。登閣口から、菱の門、西の丸を巡り、化粧櫓、「は」の門・「に」の門・「ほ」の門をくぐり、大天守へ、さらに西の小天守、帯郭櫓、お菊井戸をとおり、「ぬ」の門をぬけ、迷わず出口まで、もれなく順路がついております。
所要時間約1時間半。
世界遺産姫路城へのお越しを心よりお待ちしております。

2007年11月09日

11/9 農林漁業まつりへ行こう!


みなさま。こんにちは。
いかがお過ごしかのぉ〜?

遠足へ行くには、もてこいの季節になりました。
日中は、暑くもなく寒くもなくて。わらわも、お弁当をもって散策に出かけたくなってきたのじゃ。

ひめ:「じぃ〜。こっちへ来てたもれ〜。」

じぃ:「いかがいたしましたか?姫さま。」

ひめ:「天気が良いゆえ、外へ出たいのじゃっ!!」

じぃ:「ひめさま。それでしたら、とびきりの場所がございます。」

ひめ:「えっ〜。とびきりの場所とは、どちらじゃ?」

じぃ:「”園芸センター”でございます。11月10日〜11日にかけて、農林漁業まつりが行われまする。子供木工教室などのふれあいコーナー・ふるさと物産即売コーナー・また、国産牛を使った焼肉と国産豚肉を使った豚汁の試食会等もございますのじゃ。」

ひめ:「おっ〜。すばらしいではないか。」

じぃ:「いえいえ、ひめさま。まだございまする。なんと、食コーナーでは、おでん・栗ご飯・そして、じぃの大好きなぜんざい・かしわもち等の販売もあるのでござる。」

ひめ:「了解じゃっ!では、早速参ろう!じぃ、駕籠をもて!」

じぃ:「ひめさま、”農林漁業まつり”は明日からでございまする。今宵一晩、お待ちくだされ。」

ひめ:「明日からなのじゃな。そういう事なら、明日まで待つことにしようかのぉ〜。明日が楽しみじゃ!  しかし、今日はどうしようかのぉ?時間もあるし〜。」

じぃ:「ひめさま、ご安心くだされ。今から”かきかた”の練習をじいといたしまするゆえ。筆とすずりのご用意を!!」

ひめ:「えっ〜!?いやじゃ〜!!」

2007年11月08日

11/8 おいしい姫路おでんをご賞味あれ!


今日もまたまた良いお天気で、気持ちよぉございますのぉ。
立冬にございますが、高く晴れ渡った空からのポカポカした日差しをあびるとまだまだ秋にございまするなぁ。
しかし、来週からはぐっと冷え込むようでございますので風邪なんぞひかぬようお気をつけくだされ。

さて、寒〜い季節になると食べたくなるのが”おでん”にございますのぉ。
姫路に住んでおる方々にとっては”当たり前”のことなんじゃが、この辺ではおでんに生姜醤油をかけて食べるのでございまする・・・皆さんはご存知じゃったかのぅ?
これを地元では”姫路おでん”と申しておるのでございまする。

おでんの上に生姜醤油をかけて食べるのと小皿に入った生姜醤油につけて食べるのは皆さんのお好みじゃが、じいはかけて食べておりまする。
姫路の名産である練り物の種類が多いことや半熟たまご、そしてねぎをのせて食べるのも特徴でございますのぉ。

なんと昨日”姫路おでんケーキ”なるものが登場し、話題を呼んでおりますのじゃ。串に刺さったひとくちロールケーキに、これまたなんと”生姜パウダー”が付いておるのでございます!見た目は上から、三角こんにゃくに大根、ちくわのおでんそっくり!
先ほど姫には内緒で侍女たちと共にこの”姫路おでんケーキ”なるものをいただいたのじゃが、パウダーをかけるとほんのりと生姜の香りがしてなかなか美味にござりましたぞ!

これからの季節、姫路へお越しの際は、是非”姫路おでん”をご賞味あれ!

しらさぎ姫:「ん?じい〜!この串はなんじゃ?この生姜のほのかな香りはなんじゃ? あ〜〜〜っ!じいの口元についておるクリームはなんじゃぁぁぁ!」

じい:「な、なんのことにございまするか?(冷汗)じいは最近耳が遠くなってまいりましてのぉ・・・。おっ、そうじゃ!侍女たちと貝合わせをして遊ぶ約束をしておったのじゃ・・・。姫、じいはこれにて・・・」

しらさぎ姫:「・・・完全にバレておるぞよ・・・(怒)」

2007年11月07日

11/7 美しくなりたい!


今日は気持ちの良い秋晴れじゃのぉ!
この間、駕籠(かご)に揺られて夜のドライブに出かけたのじゃが、ふと空を見上げると満天の星空がたいそう美しゅうて感動したのじゃ。たまには空を見上げてみるのもいいものよのぉ・・・

星空もよいのじゃがもうすぐ紅葉を楽しめるころじゃのぉ。
書写山円教寺では、11月16日(金)〜11月18日(日)の3日間、恒例の「書写山もみじまつり」が開催されるのじゃ。
期間中は普段見ることのできない非公開の文化財を特別公開するそうじゃ!
書写山の見事な紅葉と多くの文化財に触れ、気持ちよい秋のひと時を過ごしてみてはどうじゃ?

また、姫路城の隣にある好古園では、こちらも恒例の「紅葉会」が開催されるぞよ!
11月17日(土)から12月2日(日)までの開催中は、入園時間を延長して20時まで(19時30分までに入園)ゆっくりと、ライトアップされた紅葉のトンネルや渓谷の流れにしだれる紅葉などを楽しむことができるのじゃ。

美しいものをたくさん見て、心も体も美しくありたいものよのぉ。

美しいといえば、姫路城の美しきこと・・・。
あの白壁のように白い肌になりたいものよのぅ。
おっ、そうじゃ!わらわも顔に漆喰を塗ってみるぞよ!
じいぃ!わらわに漆喰をもて〜ぃ!パックじゃ、パック!パックに挑戦じゃ〜!

じい:「ひ、姫様!姫様はすでに充分お美しゅうございまする(苦笑)・・・ですから漆喰はおやめ下され・・・(汗)」

2007年11月05日

11/5 お菓子 is wonderful.


みなさま、こんにちはでございまする。
かめじいでございまする。
ここの所、寒いでございまするなぁ〜。そろそろ”おこた”がほしくなってきたでござる。しかし、”おこた”を出すと、ついつい居眠りをしてしまうし、”おこた”に入ると、なぜゆえか”みかん”がほしくなる・・・・。”おこた”を出すべきか、出さぬべきか、う〜ん。難しい。


ところで、来年の春に姫路で「姫路菓子博2008」のイベントが開催されるのじゃが、その菓子博のPRイベントとして、〜近畿お菓子祭り〜が、2007年11月10日(土)に開催されるのじゃ。

なんと、MCには落語家「露の吉次」氏を迎え、菓子博=お菓子の祭りという発想から秋祭り気分で機運を盛り上げ「お菓子で創る御輿」は参加者に木製の土台にどら焼や飴、かりんとうなどのお菓子で飾り立て、実際に練り歩いていただくというメイン企画があるのじゃ。

もちろん、菓子博キャラバン隊によるPRもあるんじゃよ。

今から、楽しみじゃのぉ〜。

ひめ:「じぃ〜、じぃに朗報じゃ〜。」

じぃ:「どういたしました、ひめさま。」

ひめ:「じぃの好きなお菓子の祭りが、11月10日(土)に家老屋敷跡公園であるそうじゃ。ちびっ子の餅つき大会があるそうじゃ。もしかしたら、おいしい餅がたべられるかも!?わらわも、参加しようかのぉ〜」

じぃ:「なぬっ、おもちがたべられるとな?姫様、じぃも参加いたしまする〜」

ひめ:「・・・・」

2007年11月04日

11/4 ゴッホの「ばら」を見に行くぞ。


皆さん、こんにちは。しらさぎ姫にごさいます。

芸術の秋、今日は、わらわは、美術館に参ろうかと思っておるのじゃ。
姫路市立美術館では、今日から、国立西洋美術館所蔵展が始まるのじゃ。国立西洋美術館は、第一次大戦後、川崎造船所社長であった松方幸次郎によって収集された膨大なコレクションのうち、様々な事情からフランス国内に保管され、昭和34年、フランス政府により寄贈返還された作品群を基盤に設立された美術館だそうじゃ。
わらわは、今回の展覧会で、特にゴッホの「ばら」を見るのを楽しみにしておるのじゃ。
ゴッホの絵画は現代でこそ、100億円以上で落札されたりするが、彼の生前には1枚しか売れず、大変不遇な生涯を送ったというのは、有名な話じゃが、100年以上も前の人々には、彼の絵画は理解されなかったのじゃろうなあ。
この「ばら」はゴッホがアルルからサン=レミ=ド=プロバンスに移り住む直前に描いた作品で、サン=レミ時代の「うねるようなタッチ」が表れ始めている作品といわれておるそうじゃ。

国立西洋美術館所蔵展 ヨーロッパ美術の精華ー神々と自然のかたち
11月4日(日)から12月2日(日) 姫路市立美術館にて。

「じぃ、苦しゅうない、供をせい。」
「ははーーーーッ」

2007年11月02日

11/2 姫路スタンプラリーに行きましょう!


みなさま、おはようでございまする。
今朝は、良い天気じゃのう。この2・3日、天気があまり良くなかったので、洗濯物がうまく乾くかどうか心配じゃったんじゃが、今日の天気で”バッチグー”じゃっ!
明日も良い天気だと、天気占い師が申しておったしなぁ〜。

ということで、じぃは、明日スタンプラリーへ行こうと考えているのじゃ。

姫路スタンプラリーとは、姫路市内の観光施設をめぐる新しいタイプのスタンプラリーなんじゃ。耳寄り情報として、ゴールされた方には完走賞(粗品)を進呈。さらに、抽選で”姫路の特産品”などが当たるのじゃ。素晴らしい企画じゃのう〜。

事前申し込みも受付中!という事なので、今から電話で申し込みをしようかのう〜。

ひめ:「じぃ、じい、何をしておるのじゃ〜。」

じい:「明日のスタンプラリーの申し込みをしようと思っておるのじゃ。一度、じっくりと一人で姫路城下を散策してみたいと思っておったのじゃ。」

ひめ:「わらわも行きたいぞ。」

じい:「えっ?参加されるのですか?」

ひめ:「じぃも行くのなら、当然、わらわも行くぞ。じぃ、かごの用意とお弁当を頼むぞよ。楽しみじゃの〜。」

じい:「・・・・・・」

2007年11月01日

11/1 世界遺産劇場、明日開幕!


早いもので、もう11月じゃ。
本当に月日が経つのは早いものよのぉ・・・姫路観光ウィークも気付けばもう半分過ぎておったのでわらわはびっくり!楽しいことはあっという間じゃのぅ。
城下ではまだまだこの週末も盛りだくさんのイベントがあるので、是非お越しくだされ!

さて、明日から二日間、姫路城の三の丸広場で「世界遺産劇場」が開催されるのじゃが、皆さんご存知?
「世界遺産劇場」とは、日本各地の世界遺産を舞台に、トップアーティストらが独自のパフォーマンスを展開し、世界遺産を守り続ける心を築いていこうという目的のもと開催されておるそうな。
11月2日には森山直太朗殿が、11月3日は今井美樹殿が素晴らしいライブを行ってくださるとのこと・・・姫路城を背景に、さぞ神秘的なライブになるじゃろうと、わらわも今からワックワクしておるのじゃ!
当日券もあるそうなので、素敵な時間を素敵な人と姫路城で過ごしてみてはどうじゃ?

あ〜、わらわは誰と行こうかのぉ・・・でも、いつもじいがついて来るからゆっくりデートもできぬわ(怒)・・・いや、その前にデートのお相手を見つけねば・・・(汗)

2007年10月30日

10/30 カメじぃのプチレッスン


カメじぃのプチレッスンの時間がやって参った。本日は全国陶器市を前に陶磁器についてじゃ。

陶磁器とは総称で、磁器、陶器、土器などに分けられるのじゃが、日本最古の焼き物は、1万3千年前に作られた土器が始まりとされておる。5世紀に入ると陶器作りが盛んになったが、磁器作りはそれよりもずっと後で、豊臣秀吉の朝鮮出兵がきっかけじゃ。秀吉殿の死により1598年、朝鮮から撤退することになり、その際、鍋島藩主によって連れて来られたのが朝鮮の陶工であった李参平じゃ。彼は有田で陶磁器の原料となる陶石を発見し、初めて磁器を作ったのじゃ。これら有田の磁器は伊万里港から運ばれたことから古伊万里の呼ばれたのじゃ。

姫路からは、江戸時代前期の姫路藩主松平忠明様の姫君が、その佐賀の藩主鍋島勝茂様の御次男に嫁がれておる。先日10月12日も、好古園を佐賀県伊万里鍋島焼協同組合員らが訪れ、江戸時代の高級な伊万里
を姫路城主に見立てた石見市長に贈るという「献上の儀」が行われたところじゃ。石見市長も「色合い、形ともに素晴らしい。感動しました。」と申されたそうじゃ。

全国陶器市ではこれら佐賀県の有田焼、伊万里焼、鍋島焼をはじめ、全国31産地から有名陶器が一堂に会する。
11月1日〜5日午前10時〜午後5時 家老屋敷跡公園にて。

「ひめ! 我らも朝の珈琲のマイカップを見つけに参りましょうぞ。」
「じぃ、わらわは、ビアカップじゃ。」
「ひめ!!!」

2007年10月29日

10/29 お菓子大好き!


みなさま。こんにちは。
すばらしきこの昼下がり、いかがお過ごしかのぉ〜。

わらわは、先週から始まった"姫路観光ウィーク”を楽しんでおるのじゃ。  昨日は、じぃと一緒に「オープンカフェ」なるものに行ってきてのぉ。’こおふぃ’というものを飲んだのじゃが、この西洋から来たというこの飲み物、とっても美味であった。


じいは、最初これを’おしるこ’だと思ったらしい。少し苦いと感じた様であったが、半分程飲んだ所で小豆が入ってないのに気づき、店員殿に「小豆をもう少し入れてほしい」 とお願いしたところ、

「これは’こーひー’というもので、おしるこではございませぬ。」

と言われて、さすがのじぃもびっくりしておった。’こおふぃ’と一緒に食べた西洋のお菓子’ケーキ’もおいしかった。

そういえば、姫路で平成20年4月18日から5月11日までの24日間、「全国菓子大博覧会・姫路菓子博」が開催されるので、わらわは、今からとっても楽しみなんじゃ。

じぃ:「ひめさま〜。大変でございまする〜。」

ひめ:「どうしたのじゃ、じぃ。そのようにあわてるでない。」

じぃ:「姫路菓子博の第1期前売入場券の発売が10月31日まででございまする〜。当日入場券の2000円より500円もお得な1500円です〜。」

ひめ:「えっ〜。それは、急いで買いに行かなければならぬっ!」

じぃ:「姫様、お供いたしまする。好物の大福のためなら、たとえ火の中、水の中〜」

ひめ:「・・・・」

2007年10月28日

10/28 観光ウィークの始まりにございます。


今日はいいお天気になりましたのぉ。
昨日から観光ウィークが始まり、姫路城下は賑わってきておりまする。早速オープンカフェとやらにお邪魔したのじゃがジャズの心地よいリズムとおいしい珈琲で、お昼間からチョイ悪じいを気取ってみたのじゃ・・・そんな自分に酔っている今日この頃にございます。

さて、姫路城ではこの観光ウィーク中、人力車にて観光のお客様をもてなしておるのじゃ。桜門橋手前の武者溜りからお客様を乗せ登城口まで進むコースにございます。
「お姫様になった気分・・・」と喜んでくださるご婦人もおられ、じいは嬉しいかぎりにござります。
また、姫路城菱の門を抜けると煌びやかなお姫様と、おなじみのお殿様のガイドがお客様を出迎えてくれるのじゃ。外国のお客様にもたいそう喜ばれ、「わんだふぉ〜!!」などと言いながら姫路城を背景に記念撮影をされておりまする。
ある国内のお客様はこの写真を今年の年賀状にすると・・・。お客様に喜んでいただけて、じいは・・・じいは・・・、幸せにございまするぅぅ!!(感涙)

秋の行楽シーズン。是非、姫路城へお越し下さいませ!

皆様のおもてなしをしなければいけないのに、姫はどこへ行ってしまったのじゃ? 姫!姫〜!ひめぇぇぇ!

姫:「え〜っと〜、今日は〜、国際交流フェスティバルで世界の料理を食べ尽くすぞよ!」

じい:「ひ、ひめ・・・おもて・・なし・・・」

2007年10月27日

10/27 おいしいものを食べに行こう!


みなさん、こんにちは。
しらさぎ姫じゃ。
今朝の天気は、少し雨・・・。しかし、わらわの心は、快晴なのじゃ!

なぜゆえか?、と申すと、今日の昼食に ただ今話題で沸騰中の”ひめじうまいもの弁当”を食べに行くからなのじゃ。
昨日、じいのお友達の ’ウサギ山殿’ が遊びに来られて、この弁当の話をされて帰ったのじゃが、それからと言うもの「弁当」のことが頭からはなれぬのじゃ。挙句のはてに、わらわの夢にまででてくる様になってしまって・・・。

えぇ〜い、考えていても仕方がない!まずは、食べなくては話になら〜ん!という事で。

〜姫の豆知識〜

「姫路うまいもの弁当」・・・自然豊かな姫路には新鮮な旬の食材があり、そんな地元の食材にこだわった味自慢のお店が集まり、料理人が腕をふるい、心のこもった料理を堪能していただくことが出来るお料理のこと。

もうお昼時じゃ。では、そろそろ行く準備をしなければ。わらわの気分は、うきうきじゃっ!

ひめ:「じぃ〜。かごの用意は、整ったか?」

じぃ:「・・・・」

ひめ:「じぃ〜。何をしておるのじゃ〜。」

じぃ:「・・・・」

ひめ:「じぃ〜。」

じぃ:「も、も、申し訳ございませぬ。ちと、寝坊をいたしまして・・・。何の御用でしょうかのぉ?」

ひめ:「怒・・」
   

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。